茉莉花 VOL107/2017年春号

157 円(税込)
(1point)

↑ ↓

◆「VOL.107/2017年春号」の内容


◆ジャータカ物語/帝釈天の店

◆臂 美恵(ひじ みえ)の四季のうた/山門の竹やぶ

◆仏教こころの旅/全国の別院を巡る
本願寺津村別院 “北御堂”と親しまれる

◆浄土真宗のみ教えを毎日味わう 茉莉花「日めくりカレンダー」(100号記念グッズ)

◆茉莉花の部屋
木彫刻に魅せられ 仏像に生命吹き込む  故郷だんじりの影響強く 
秋川 雅史(あきかわ・まさふみ)さん 
名曲「千の風になって」で美しいテノールを響かせ、クラシックの歌手 の秋川雅史さん。仏師としての顔も持っています・・・

◆くらしの中に生きている仏教語
義理と人情を秤(はかり)にかけりゃ…/「義 理(ぎり)」
さて、「義理」とは、仏教とともに入ってきた言葉で・・・

◆心の冒険西遊記/ちょっとしあわせ
明日ありと
今朝「おはよう」と声を交わした家族も、明日には別れてしまうかもしれない。
会う人会う人みんなに、「これが最後の出会いかも」と、その瞬間を大切に生きることができたならば、
きっと真の幸せが恵まれるのだろう

◆リレー聞法
鳥たちのねぐら この私のねぐら
武蔵野大学 学長 金秀寺(庄原市高野町)
西本 照真師

◆仏教なんでもQ&A
私は浄土真宗の門徒なのですが、友達から「お参りすると病気が治る」というお寺を紹介されました。そんなご利益は浄土真宗にあるのでしょうか?
(広島市 匿名希望 52歳)

◆万華鏡
〇〇ファースト 
「〇〇ファースト」とは「第一に優先する」という意味で言っているのでしょうが、・・・

◆還ってきたアマダーマン
第22願/還相回向
ヒーローに通じる生き方
企画・原案 アミダーマン制作委員会/漫画 ありたに けんゆう

◆新連載 本願でつながった「七高僧」列伝
インド編 第二祖・天親菩薩
親鸞聖人が深く崇拝 名前の一字をいただく

◆心のごちそう 精進料理
里芋だんごの木の芽田楽
1、里芋は洗って皮をむき、すりおろしたら、卵と片栗粉を入れ、しっかり混ぜ合わせます。
2、食べやすい大きさに分けたらラップで包み、タコ糸(または輪ゴム)で縛ります。
3、蒸し器で蒸したら取り出し、ラップをはがして形を整えます。
4、適量の油で3を焼き、焦げめをつけます。
5、山椒のやわらかい葉をさっと湯通しして、すり鉢ですり、味噌とだしを入れて山椒味噌を作ります。
6、4を皿に盛り、5を塗っていただきます。
(指導)岡山県成羽町・淨福寺坊守・山下里絵さん。
「淨福寺精進料理」の予約は TEL0866-45-3028へ

◆表紙の絵:「春麗」
イラストレーター もうりめいこさん

◆クロスワードパズル
正解者の中から抽選で10名様に、綿100%で使い心地のよい「優しいガーゼはんかち」をプレゼントします。


◆book&book(本の紹介)

●ありのままに、ひたむきに
不安な今を生きる
大谷光淳/著 ご門主の初著書。身勝手な人間であふれる現代社会を心豊かに生き抜く要件を、浄土真宗の教えに照らして明快につづられた一冊です。
■600円(税抜) 発行/PHP研究所

●願いを生きる
浄土真宗の法事 樹心会/編
浄土真宗の法事について分かりやすく解説。死の意味から法事の作法、年間の行事についても簡潔に説明しています。
■400円(税抜) 発行/探究社

書いて味わう 阿弥陀経
山本慧/筆 真名子晃征/解説
書くことによって理解が深まる「書いて味わうシリーズ」の第4弾です。挿し絵は「茉莉花 四季のうた」でもおなじみの臂美恵さん。
■800円(税抜) 発行/本願寺出版社
◆読者の声 おたより FROM READER

広島県出身なので、郷里を懐かしんでいつも手に取り読んでいます。
札幌市中央区 女性 65歳

前号のリレー聞法「阿弥陀さんの湯たんぽ」を読みました。私の義母も往生して13年を迎えます。
いろいろありましたが、義母は私を仏にするための仏様だったのだと思います。ありがとうございました。
富山県富山市 女性 72歳

「茉莉花」は小さなことでも分かりやすく丁寧に伝えてくださるのでありがたいです。
広島市安佐南区 女性 79歳
とてもいい記事がたくさん載っているので、若い人にもぜひ読んでもらいたいと思います。
広島市東区 女性 67歳

知らず知らずのうちに教えに導かれての暮らしを思い描くことができてよろこびです。
名古屋市瑞穂区 女性 68歳

5年前に母が亡くなってからお寺に行くようになった私ですので、分からないことばかり。「仏教なんでもQ&A」はそんな私にいろいろと教えてくださって感謝しています。 
広島県安芸高田市 女性 70歳

「茉莉花」は心のやすらぎです。
広島市安佐北区 女性 48歳

 年間購読でお申し込みは 

 電話でのお問い合わせ先は 082-241-5081(高山清内)
 ファックスのお申し込みは 082-241-6751