トップ > お香の歴史について

お香の歴史について

香りには四季折々の草花の香りや、暖かい太陽の香りなど様々なものがあり、いつの時代も私たちの生活の中には香りがありました。そんな香りは、私たちの生活をより豊かにしてくれるものですが、香りの好みは一人ひとり違います。香りを楽しみたいという方には、お香をおすすめします。

皆様は、お香にどのようなイメージを持たれていますか? 多くの方が線香的なイメージを持たれていると思いますが、現在のお香はアロマオイルなどが練りこまれているので、女性を中心に幅広く用いられています。お香は、仏教の伝来と共に日本に伝えられたといわれています。そこで、日本におけるお香の歴史を紹介いたします。

 

お香の歴史

・飛鳥時代
日本でお香が用いられるようになったのは、538年の仏教伝来の頃だと考えられています。


・奈良時代
当時のお香は、故人に供える供香として用いられていました。この時代は、直接火にくべていたと考えられ、宗教的な意味合いが強いものだったようです。
お香の配合技術や香薬を日本にもたらしたのは、鑑真です。この頃から、故人のために用いられていたお香が、私たちの生活の中にも取り込まれていきます。


・平安時代
貴族たちの中で、薫物がさかんに用いられるようになります。薫物とは、複雑に香料を練り合わせて香気を楽しむものです。平安時代の王朝文学には、多くのお香の記述が見受けられます。


・鎌倉、室町時代
香木そのものと向き合い始めた鎌倉時代に、聞香の方法が確立されました。お香は、立花や茶の湯と同じく、この時代の一翼を担っていきます。


・江戸時代
江戸時代は、町人にもお香の文化が広まり、優れた香道具が数多く作られました。そして、中国からお線香の作り方も伝わりました。

 

真宗コアオンラインショップでは、お香の販売を行っております。スティックタイプ、コーンタイプ、渦巻きタイプと様々なタイプのお香を販売しております。お香の他にも、お線香やローソクの通販も行っております。