線香メーカー

玉初堂

薫寿堂

梅栄堂

松栄堂

日本香堂

エステバン

大発

ときわ木本舗

みのり苑

カメヤマローソク

鳥居ローソク

松本商店

明王ローソク


ギフト用線香

2,000円(税別)まで

3,000円(税別)まで

5,000円(税別)まで

10,000円(税別)まで

10,000円(税別)以上


2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
左記の色は電話メール受付・出荷休業日です。
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
左記の色は電話メール受付・出荷休業日です。

初めての方へ
◆ご注文について


仏教のすすめ

茉莉花連載から、仏教、仏事等の紹介のコーナーです。


茉莉花 季刊誌「茉莉花」年間購読

仏教文化情報センター真宗コア

仏教文化情報センター真宗コア

真宗コアの本棚


真宗コアの本棚


仏壇の飾り方

法事・法要の服装のマナーについて

お香について

ルームフレグランスで香りを楽しもう

仏壇のお手入れ方法

仏事の基礎知識

お線香について

お香の歴史について

エステバンとは

ローソクが燃える原理と原料

お線香を贈ろう

線香立ての灰のお手入れ

仏事に欠かせないお線香

仏事・法事・法要について

仏事の必需品「数珠」

お線香の功徳について

ギフトで贈ることができる数珠

日本が誇る伝統文化「香道」について

お焼香の作法について

数珠・念珠のお手入れ方法と保管方法


 

トップ > 法事・法要の服装のマナーについて

法事・法要の服装のマナーについて

法事・法要は故人を偲び、冥福を祈って行う仏事です。亡くなってから七日目に行う初七日から、忌明けの四十九日までは七日ごとに法事・法要が行われます。その後、一周忌・三回忌・七回忌などの年忌法要が控えていますが、その際の服装について迷うことも少なくありません。こちらでは法事・法要時の服装について、ご紹介します。

 

【施主側・参列者の服装】

一般的に施主側は三回忌までは正式な喪服も着用し、黒からグレー・紺といった色に薄くしていきます。七回忌以降は略式喪服でも構わないとされています。その際、参列者よりも軽い服装にならないよう注意が必要です。
参列者の場合、略式礼服または喪服を着用します。七回忌以降は平服で良いとされますが、ラフな格好は避けるほうが無難です。

 

【男性】

ブラックスーツが一般的です。ワイシャツは白、ネクタイ・ベルト・靴下・靴は黒を着用しましょう。昔は重なることを暗示するとして、ダブルのスーツは避けたほうが良いとされていましたが、最近はシングル・ダブルどちらでも構わないようです。また、結婚指輪や時計といった物以外は外しておくほうが良いでしょう。

 

【女性】

黒のワンピースやスーツ、アンサンブル等を着用します。男性と同じよう、黒のストッキング・靴を着用し、バッグも光沢・装飾がないタイプを選びましょう。化粧は薄めにし、髪もできるだけシンプルにまとめましょう。アクセサリーは基本的に身に付けないほうが良いですが、身に付ける場合は結婚指輪か、パールのネックレス・イヤリングのみにしましょう。

 

【子ども】

学校の制服がある場合は、制服を着用します。制服がない場合は、男の子には黒・グレー・紺のブレザーとズボン、白いシャツを着用させましょう。女の子は、同じく黒等のブレザー・ズボン、白いブラウスが良いでしょう。また、派手な模様やリボン・フリル等が付いていないワンピースでも構わないようです。靴・靴下は黒または白・紺を選びましょう。

年齢を重ねるにつれ、法事・法要に参列する機会も増えてきます。そのような時に備えて、服装のマナーを押さえておくことは重要です。

ページトップへ